2022年9月11日 月齢15.2 十六夜(いざよい)

月齢15.2 十六夜の月です。

肉眼ではほとんど満月のように見えますが、望遠レンズではわずかにかけているのがわかります。

月のすぐそばに木星が寄り添うように輝いていました。


月と木星が並んだ写真も撮ってはみたのですが、光量差が大きくて今一つ良い画像にならなかったのでお蔵入りです。


< 月齢15.2 > 十六夜(いざよい)

2022/09/11 21:30:47 (JST) Nikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR , Kenko 1.4X テレプラス MC4 DGX , Nikon Z fc , f.l. 420 ㎜ , F 8.0 , SS 1/500 , ISO 400  , 30/34 フレームコンポジット

<画像処理>・AutoStakkert! 3.1.4 : コンポジット・RegiStax 6 : Wavelet変換処理・Photoshop Elements 6 : トーン調整,トリミング

2022年9月11日 月齢15.2

スポンサーサイト



2022年9月10日 月齢14.2 中秋の名月

中秋の名月を眺めることができました。


ここのところ天候が不順で雨や曇りの天気ばかり。
この日も日中は時々雲間から日が差すくらいの曇り空だったのですっかりあきらめていたのですが、21時ごろになって大きめの雲間から中秋の名月が顔をのぞかせてくれました。
望遠レンズだと撮影の準備に手間がかからないので少しの晴れ間でも撮影ができるので良いですね。


< 月齢14.2 >
2022/09/10 21:18:20 (JST) Nikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR , Kenko 1.4X テレプラス MC4 DGX , Nikon Z fc , f.l. 420 ㎜ , F 8.0 , SS 1/500 , ISO 400  , 30/34 フレームコンポジット
<画像処理>・AutoStakkert! 3.1.4 : コンポジット・RegiStax 6 : Wavelet変換処理・Photoshop Elements 6 : トーン調整,トリミング
2022年9月10日 月齢14.2 中秋の名月

2022年9月4日 月齢8.1 Nikon Z fc と望遠ズームレンズで撮影

夕方から晴れ間が広がって久しぶりに月を眺めることができたので、今回も望遠ズームレンズを手持ちでお手軽撮影をしてみました。

とはいえ、全く前回と同じではつまらないので、1.4倍テレコンで拡大して、連写で枚数を稼いでコンポジットをしたので、地形やクレーターが良く写ってくれました。

< 月齢8.1 >
2022/09/04 18:48:55 (JST)
Nikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR , Kenko 1.4X テレプラス MC4 DGX , Nikon Z fc , f.l. 420 ㎜ , F 8.0 , SS 1/500 , ISO 800  , 37 フレームコンポジット
<画像処理>
・AutoStakkert! 3.1.4 : コンポジット , RegiStax 6 : Wavelet変換処理 , Photoshop Elements 6 : トーン調整,トリミング

2022年9月4日 月齢8.1
PCで画像処理しているときは少々クレーターや地形を強調しすぎかなとも思えたのですが、これをスマホで見ると細かい部分が見えなくて、のっぺりとした印象になってしまいます。
そこで、この画像をスマホの画像処理アプリを使って、スマホの画面上で見栄えが良いように調整してみたのが次の画像です。
2022年9月4日 月齢8.1 スマホで追加画像処理
これをPCで見ると、地形や模様が強調されすぎて少々不自然に感じます。
PCの画面とスマホの画面、それぞれに適した画像の要件はだいぶ違っていて、両立させるのは難しそうですね。


Nikon Z fc のストラップを交換してみる

最近、Nikon Z fc を購入しました。
Nikon Z fc 付属ストラップ
購入に至った理由はこのデザイン。それに尽きます。
カメラをデザインで購入するなんて、初めてのことです。
何がそんなにココロに響いたのか。
天文ガイド 1982年4月号 Nikon FM2 広告ページ
こちらは天文ガイド1982年4月号の広告ページに掲載された Nikon FM2 です。
Z fc のデザインのベースはこのカメラということですが、この頃のカメラって、各社大体こんな感じのデザインでしたよね。
当時私は十代半ばでカメラに興味を持ちだしたばかり、多感な時期にあこがれたものというのはその後の価値判断の根底になってしまうのでしょう。
あの頃の雰囲気をまとった Z fc はこんなおっさんの心を年甲斐も無くときめかせてしまうのです。
とはいっても、カタログを見る限り、メインのターゲットは女子のようですので、私たちおっさん世代は流れ弾が当たったようなものでしょうが…。
(カタログのおっさんは蚊帳の外感は半端ないです。)

Nikon Z fc カタロ
Nikon Z fc カタロ
Nikon Z fc カタロ

さて、入手してちょっと気になったのが付属のストラップ。
Nikon Z fc 付属ストラップ Nikon Z ロゴ
ジグザグ模様の変わり織の黒い生地に Nikon Z のロゴが刺繍された上質で落ち着いた雰囲気で、Z fc の標準付属品として本体に合わせてデザインされたものでしょう。
取り付けた雰囲気もなかなかよろしい物なのですが、何か違和感を感じます。

それは、カタログを見た時と同じ感覚、おっさんは蚊帳の外っていうあの感じ。
ちょっとこれはおしゃれすぎて、おっさんの首にかけるのは申し訳なくいたたまれない。

そういう訳で購入したのがこのストラップ。
Nikon ネックストラップ AN-4Y
取り付けるとたちまち昭和の風味に…。
Nikon Z fc に AN-4Y ストラップ取り付け
あえてロゴのないタイプを選びました。
ロゴが無くてもこの色だけでわかる人にはわかります。
Nikon Z fc 軍艦部
アイピース側から眺める軍艦部はいかにもカメラという雰囲気です。

FM2のデザインを踏襲しているのでグリップが無く、ホールドしにくいように思われますが、当時のように右手人差し指と中指の間にストラップを挟むようにして握れば割と安定します。

初めてこのカメラを手に取った時、無意識にその握り方をしたのに自分で驚きました。カラダは覚えているものですねぇ…。

今までカメラのストラップは付属のものをそのまま使っていました。
カメラは写真を撮る道具だから機能を果たせればそれでいいと考えていたからです。
そんな自分が、今回、カメラをデザインで選んだことから始まり、ストラップを好みに合わせて取り換えるなんて今まで思ってもみない経験でちょっと驚いています。

今後も昭和風味追及に走ってしまうのだろうか…。

コシナから発売されているフォクトレンダーブランドのレンズ、Zマウント用はかつてのニッコールを模したデザイン…。デザインだけで買ってしまいそうで怖い…。
Z_35_12_01kmjhbes.jpg
(画像はコシナホームページから引用です。)
https://www.cosina.co.jp/voigtlander/

2022年8月9日 月齢11.8 Nikon Z fc と望遠ズームレンズで撮影

ずいぶんと長らくブログを放置してしましました。


昨年(2021年)10月の末ごろ、ギックリ腰を発症してしまいまして、趣味の方に気持ちを向ける余裕がなかったためです。

ギックリ腰は以前にも発症したことがあって、その時は一度通院しただけで程なく回復することができたのですが、今回はそうはいかず、治療やリハビリでの通院は長期にわたり、だいぶ良くなったかなと思うとまた発症したりと、なかなか思うように回復しません。

その違いは…やはり加齢の影響でしょうか。

ようやく治療やリハビリの通院が必要なくなったのは6月ごろ、日常の生活にはとりあえず支障が無い…程度でまだまだ完全に元通りというわけにはいかず、重い物を持ったり、腰に負担をかけるような姿勢は避けるようにしないといけません。

生活と仕事に関しては、これはもう何とかやっていくしかないとして、問題は趣味の関係をどうするかです。


私には写真(カメラいじり)と天文の趣味があります。


写真の趣味はもともとそれほど大型の機材は使っていなかったので、撮影する時の姿勢に気を付ければ、なんとか続けられそうです。


一方、天文の趣味に使う機材は重くて取り扱いしにいものが多くて困りました。

特に赤道儀の運用は当分の間、もしかするとかなりの長期間、運用ができなくなるでしょうから、所有している機材構成全体の見直しが必要になるのかも…。

眼視の時に低くしゃがんだり、体をねじるような体勢になるのも気を付けないと…。


まあ、機材を使うことばかりが目的ではないので、まずは手軽にできるところからボチボチやっていこうかと思います。


と、前置きがかなり長くなってしまいましたが、そんなわけで最近(機材の軽量化を言い訳にして)購入したNikon Z fcボディにFTZ IIマウントアダプタを介してFマウントの望遠ズームを取り付けて手持ちで月を撮影してみました。


フルサイズ換算で 450 mm相当の焦点距離なのであまり大きな像は得られませんが、5枚のコンポジットとWavelet処理のおかげでそれらしい描写になりました。


ピクセル等倍で切り出した画像を掲載します。


< 月齢11.8 >
2022/08/09 22:46:27 (JST)
Nikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR , Nikon Z fc , f.l. 300 ㎜ , F 8.0 , SS 1/500 , ISO 400  , 5/5 フレームコンポジット  ピクセル等倍切り出し
2022年8月9日 月齢11.8

Access Counter
プロフィール

ようかん

Author:ようかん
Yahoo!ブログから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR